第16回「日本ボタン大賞」は2010年9月3日(金)
大阪「マイドームおおさか」で開催され、
グランプリ作品(経済産業大臣賞)他、各受賞作品が発表されました。

写真をクリックすると拡大します

グランプリ 経済産業大臣賞

日本ボタン大賞
清原株式会社 宮園夕加
14世紀。日本に釦が初めて伝わったとされる頃。釦を初めて見た日本人は、その姿を「花の蕾」に見立てた。その美意識は、今の日本人にも、きっと、あるはず。
素材/ 白蝶貝、ダイキャスト
用途/ コート(ウール)

写真をクリックすると拡大します

優秀賞

日本ボタン大賞

田中智之審査委員長特別賞

清原株式会社 杉山訓一
近代の産業発展を象徴的に表現するため、「動力の伝達」 の様子を金属で表現してみました。人間の “意志”によって初めてボタンに役割と動きが生まれます。
素材/ 真鍮
用途/ 紳士ジャケット
日本ボタン大賞

三原道子審査委員特別賞

室田志保
『瓔珞紋裏七宝G薩摩ボタン』 白薩摩焼のボタンに、 薩摩焼の伝統的な文様を円形に配列し、 瓔珞をモチーフにした華やかな絵付けを施しました。盛り金の技法をふんだんに使い、 裏まで七宝紋を絵付けしてあります。全て手描きで、窯にも最低6回は入ります。 大島紬(泥染め)など、 着物をリフォームして作る高級オーダーコート用のボタンとして使われております。
素材/ 白薩摩焼
用途/ 婦人高級オーダーコート
日本ボタン大賞

尾原久永審査委員特別賞

株式会社SHINDO 鎌田 進
S.I.C.トリミングレースをアクリルの中に埋め込んだボタン。ジャケット、コートなどに使用されたレースと同じデザインのボタンを使用することができ、上質で高級感溢れる表現が可能。
素材/ アクリル、ナイロン
用途/ ジャケット、コート
日本ボタン大賞

早川雅明審査委員特別賞

株式会社ルックウェル 山本哲也
クリスタルに使われている、内部3D加工、レンズ表現を取り入れました。今回は家紋を入れました。他方向からの光が、家紋を浮かび上げます。ロゴや柄を立体に表現してボタンに、パーツに使用できます。ポリ素材は調整中です。
素材/ アクリル、貝、金属
用途/ 婦人コート
日本ボタン大賞

日本釦服飾手芸卸協同組合連合会特別賞

株式会社日東ボタン 小林光博
日食をイメージした神秘的なボタンです。
素材/ ポリエステル
用途/ 婦人
日本ボタン大賞

ECO賞

株式会社アイリス 杉本あゆみ
会社で出た廃紙を利用して作った釦。紙をバーナーで焼き、独特の雰囲気を出しました。コサージュのような装飾性の高い釦です。
素材/ ポリエステル、紙
用途/ ジャケット
日本ボタン大賞

トレンド賞

株式会社アイリス 増田智也
絶妙な色合いの江戸和硝子のような風合いをポリエステル樹脂で表現しました。
素材/ ポリエステル
用途/ コート

写真をクリックすると拡大します

優秀賞

日本ボタン大賞
株式会社アイリス 高橋一彦
真鍮を熱処理と薬品処理で漆風に…
素材/ 真鍮
用途/ コート、ジャケット
日本ボタン大賞
株式会社アイリス 斎藤 知
ワンポイントとして紳士物のジャケットに使用する釦。モノクロとカラー、凸凹の金属とツルツルのエポの表面で二つの対比を持たせました。
素材/ ハイキャスト
用途/ 紳士、ワンポイント
日本ボタン大賞
御田釦販売株式会社
一見、布地を使用したクルミボタンのように見えますが、細い金属ワイヤーを織り合わせてあります。金属の持つ重厚感で伝統的な市松模様にデザインしました。
素材/ メタル、ABS
用途/ 婦人コート、ジャケット
日本ボタン大賞
沢田 均
釦「花鏡雲」[鏡花]は手に取れない鏡に映った花を意味します。 私は花に空や雲を映した表現を試みました。 技法は透胎七宝(透かしに釉薬を焼き付け、研ぎ。)
素材/ 銀、七宝
用途/ 婦人
日本ボタン大賞
株式会社ルックウェル
金属ベースに、タカセ貝の直染を埋め込みました。濃く染めた貝を金属面と面一になるように、磨きをかけました。それにより、貝は淡いグラデーションの色が表現されました。
素材/ 金属、貝
用途/ 婦人カーディガン

写真をクリックすると拡大します

奨励賞

日本ボタン大賞
仲内株式会社
ラメを練り込んだようなポリ素材にシルバーを噴き、レーザーカットによってバラ柄を表現。ポリエステル注型し表面を8面カットして、それぞれの面にスワロフスキーを埋め込む。一見スッキリしたデザインですが、非常に手の込んだ作品になります。
素材/ ポリエステル
用途/ 婦人ブラウス
日本ボタン大賞
御田釦販売株式会社(A)
ボタンの周囲を持って静かに回してみてください。ホールの重なりが回転することにより、ボタンの表情が変化します。
素材/ ウッド
用途/ 婦人コート
日本ボタン大賞
御田釦販売株式会社(B)
テーマは「リサイクル」。廃材を利用し、あえて表面を黒く焦がす処理を施しました。ヴィンテージファッションにも馴染むボタンです。
素材/ ウッド
用途/ 紳士・婦人コート・ジャケット
日本ボタン大賞
御田釦販売株式会社(C)
ランダムに面取りした木製トグルボタンに天然貝を部分的に貼り合わせました。角度で色の反射を楽しめるワンランク上のボタンになりました。
素材/ 天然貝、ウッド
用途/ 婦人コート・バッグ
日本ボタン大賞
島田商事株式会社 三木可奈子
「AcupofDream」エポを海に見立て、海の中を流れるボタンや碇をイメージし、ベースに王冠を使い勲章風にアレンジして作成しました。
素材/ ポリエステル
用途/ 婦人
日本ボタン大賞
株式会社アイリス 小澤範子
パールの光沢と素材のグラデーション効果を組み合わせ、奥行きと表情のある釦に仕上げました。薄さもポイントです。
素材/ ポリエステル樹脂
用途/ ジャケット
日本ボタン大賞
株式会社アイリス 山本将充
ヨーロッパのトレンドに合わせた厚みのある釦に特殊メッキ加工を施すことで、コントラストと重厚感を出しました。
素材/ ポリエステル、メッキ
用途/ コート
日本ボタン大賞
株式会社M・STYLE
ブロックの形で楽しく、琉球ガラスのような涼しげな配色を心掛けました。
素材/ シルバー、樹脂
用途/ 飾りボタン
日本ボタン大賞
清原株式会社 川口美和
歴史織り成す古都の彩り…そして幾千年も受け継がれる希望の輝き…悠久の美・七彩の輝きを持つ京都オパールの幻想的なイメージを引き立てるデザインとしました。そんな京都オパールの遊色効果を利用して、海底のイメージに仕上げました。見る角度によって様々な表情を見せる京都オパールがまた一層海にいる気分にさせてくれます。
素材/ 京都オパール、ポリエステル
用途/ ジャケット
日本ボタン大賞
清原株式会社 田口 愛
中世ヨーロッパ、ヴィクトリア朝の豪華で繊細な装飾をイメージし、アンティーク風の釦に仕上げました。また、色エポをのせる事により、陶器調のオリエンタルな別のイメージを表現しました。
素材/ 本貝(白蝶)、真鍮、色エポ、貝調ポリエステル
用途/ ジャケット、ニット