表彰式と選評

【総評】 審査委員長 田中智之 / デザインルームヒロセ代表

第8回を迎えたデコリメイク&リメイクチャレンジ展は前回より多くの学校・学科からの応募で、より充実したコンテストになりました。

特にデコリメイク部門において目を引く作品が多く見られました。
服飾資材業界の活性化を目指して、いくつかの学校に服飾資材の特別講義、実技をさせていただいて、学生の創造性の豊かさを認識しておりましたが、服飾資材の使い方が上手くなってきたのには驚かされました。今回、ディーズファッション専門学校がTシャツによるデコリメイクに絞って応募作品を作られており、観点の鋭さと、作品の完成度の高さに目を奪われました。

特に日本釦協会賞のボタンをふんだんに使った作品は圧巻でした。その他の受賞作品も優れている点が多く見られましたが、人が着ることが出来るという点を考慮しての作品製作を提言させてもらえたらと思います。
次回、第9回はさらなる素晴らしい作品の応募を期待しております。

『デコリメイク部門グランプリ』
《審査委員長特別賞》
上田安子服飾専門学校/上田紗希さん 長崎鈴蘭さん 真野有唯華さん 山下美樹さん

フェイクレザーのワンピースにシルバートーンのスタッズなどの服飾資材を上手く使い、ハードな中にも女性らしさをシルエットなどで上手く表現出来ていたと思います。

『リメイク部門グランプリ』
《YKKファスニングプロダクツ販売賞》
上田安子服飾専門学校/菅原忠雄さん、田中泰光さん、三田しゅうさん

シャツリメイクがトレンドのある点を上手く捉え、
いくつかの着方が出来るというレイヤードの発想がとても良かったです。

《大阪府知事賞》
大阪文化服装学院/金谷太雅さん

トリコロールのトラッドカラーで繊細な手法で作られて完成度が高く、審査委員の多くの票を集め、リメイク部門で最も評価された作品です。

《大阪市市長賞》
ディーズファッション専門学校/吉岡なつきさん

立体的なハート形のフェルトからコンセプトにある『愛』『心』が凄く伝わってくる感性豊かな作品でした。
背中にあるスパンコールのハートのアクセントがわかりにくい点はもったいなかったです。

《大阪商工会議所会頭賞》
成安造形大学/岩崎萌森さん

マタニティワンピースをコンセプトにするアイデアの鋭さと、キルティングと刺繍という技法での作品製作は圧巻です。
審査員の票はおしくも次点でしたが、個人的には今回コンテスト作品のなかで好きな作品でした。

表彰式

『デコリメイク部門グランプリ』《審査委員長特別賞》

上田安子服飾専門学校/上田紗希さん 長崎鈴蘭さん 真野有唯華さん 山下美樹さん

『リメイク部門グランプリ』《YKKファスニングプロダクツ販売賞》

上田安子服飾専門学校/菅原忠雄さん、田中泰光さん、三田しゅうさん

《大阪府知事賞》

大阪文化服装学院/金谷太雅さん

《大阪市市長賞》

ディーズファッション専門学校/吉岡なつきさん

《大阪商工会議所会頭賞》

成安造形大学/岩崎萌森さん

みなさん受賞、おめでとうございます!

ファッションショー実施校

神戸女子短期大学

神戸ファッション専門学校

大阪成蹊大学

奈良女子大学

上田安子服飾専門学校

成安造形大学

マロニエファッションデザイン専門学校

【主催者ご挨拶】 大阪釦服飾手芸卸協同組合 理事長 松井誠司

OSAKA手づくりフェアではすっかり恒例となりました第8回デコリメイクチャレンジ展に今年も昨年に増して16校18学科、総点数171点にのぼる作品をご応募いただきました生徒の皆様にまずもって心よりお礼申し上げます。

同時にお世話をいただいた各校の皆様、ならびに審査をいただいた審査員の先生方のご協力に感謝を申し上げます。
毎年、参加校、応募点数もさることながら、アイデアや技術の向上に審査員の先生方も感心されておられたとお聞きしております。主催者といたしましては若い生徒の皆様がご参加いただくことによってこのフェアに活力とエネルギーを与えていただくと同時に、我々業界に携わる者には将来に対して夢や希望を与えていただいており、まさに産学協同のよき実例と申せると自賛しております。

2年後このイベントは記念の第10回を迎えます。当フェアといたしましては企画も内容も充実させこの後もますます重点イベントとして力を注いで参る所存でございます。
関係者の皆様のご協力何卒宜しくお願い申し上げるとともに、ご参加いただいた皆様の今後のご活躍を心より祈念申し上げお礼とさせていただきます。


Top