繊研新聞社賞

※クリックすると拡大します

Before


SCHOOL 大阪文化服装学院
NAME 奥田理沙
CONCEPT 素材のディティールは壊さずそのまま使い、変化のある新しい形に作りかえることを目的としました。ベストの袖ぐりを衿ぐりに使用したところがポイント。パンツにはプリーツを際立たせるためにプラスαでプリーツを縫い合わせました。
ITEM トップス、ボトムス
PRODUCTION TIME 3時間
MATERIALS カッターシャツ、ベスト、パンツ
PROCESS トップスは、カッターシャツをベースに、2種類のベストを解体し、組み合わせました。解体することで、新しい切替線が増えないように、素材はそれぞれの接ぎの部分でカッティングしてつなぎ合わせました。
一覧ページに戻る
Top