MENU

総評・コメント

総評審査委員長 デザインルームヒロセ 代表 田中智之

デザインルームヒロセ 代表 田中智之

今回も優秀な作品が多く応募していただき、デザイン・技法も益々進化してきており選考委員の皆さんがとても悩まれて選ばれたように思えました。
ヨーロッパの有名ブランドでもボタンをデザインポイントにするくらいボタンという価値観を認めてもらっている昨今、日本のボタン『技』の良さが再認識されたように感じました。

今回の応募作品は全体的にレベルが高く、大きくいくつかの方向に分れていたように感じられました。大賞を初めとする注型技法を用いた立体的表現の作品のグループ。和のテーマ・素材使いのボタンのグループも目につき、貝と木の組み込みのボタン、折り紙などをテーマにした釦、漆手法をヒントにしたボタンなどがその一例です。

日本ボタン大賞を受賞された作品は、和の素材と注型技法で上手く表現された完成度の高い優れた作品で、審査員特別賞を受賞された山本さんの作品も高評価であり僅差で選出されました。
その他の審査員特別賞の作品は先生方のコメントがございますのでここでは省略させていただき、ECO賞とトレンド賞に関して少し述べさせていただきます。

ECO賞の杉山さんの作品は、ボタンの研磨剤を再利用して動きのあるモダンでシンプルデザインのボタンに作られており、研磨剤を使ってという部分に目を向けられていた点も良かったです。
トレンド賞の太成さんのボタンはABS樹脂のメッキ加工で作られているようですが金属ボタンにも引けを取らなく、特に艶感は目を引くものがありました。今回の応募作品の中でメタル調ボタンがほとんど目につかなかった中で光っていた優れた作品でした。
入賞された学生の林さんの作品は、手づくり感を感じ人気のホビー材料のUVレジンと木を組み合わせたボタンで、『いいね』がたくさんつくようないい作品でした。

今回もたくさんの優れた作品を応募いただいたことに感謝します。
ボタンってこんなかっこいい・素敵だよっていうのをもっとたくさんのみなさんに知っていただき、ボタンのファンをもっと増やしていって行けたらとも思っています。次回は学生さんをはじめ一般の方の応募作品もさらに増えて、底辺も広がっていき、より優れて作品が応募される事を楽しみにしています。
ボタンには夢と想いがいっぱい込められています。

田中智之審査員特別賞

宇宙を想像させる奥行のある神秘的なデザインのボタンで、独自の厚みが中心に思わず吸い込まれるかの錯覚を覚えてしまいます。デザインの良さだけでなく想像力が豊かなこの作品に感銘しました。

デザインルームヒロセ 代表 田中 智之

早川雅明審査員特別賞

2009年に3Dシステムの特許から解放され、多業界のみならず個人や家庭でも平易に使われるようになった3Dプリンターはこの作品を初め、この業界でも3Dプリンターが広がりを見せてくれたのは今年の特徴でもある。
作者は作品のタイトル「ORIGAMI-温故知新―」と挙げ、そのデザインイメージを「折り紙」から着想し、そのメディアに3Dプリンター使って、見事までに繊細な作品を提案してくれた。

日本伝統のひとつ「折り紙」文化をコンセプトにup-to-dateな技術で表現した作品は単なる伝統的な発想にとどまらず、そのジオメトリックで構築的なフォルムは「クラシック&モダーン」に交配したハイブリッドなデザインに仕上がった。
ここにその新しい素材の造形美としてこの作品を選んだ。

成安造形大学 名誉教授 早川 雅明

田島等審査員特別賞

本貝によって造り込まれた桜葉の3Dによる見事な重なり合いと絶妙な配置、昼間に観る桜吹雪のイメージと夜桜のイメージがとても上手く表現されている作品だと感じ入りました。
同時に、ボタンという限られた表面積と奥行きの中でこんな世界が創られる可能性があるのだと感動しました。
今後益々のご活躍と飛躍を期待しております。

上田安子服飾専門学校 校長 田島 等

尾原久永審査員特別賞

御田釦販売株式会社様、審査員特別賞おめでとうございます。
デジタルな色彩に晒される毎日の生活の中で、自然界から放たれる色に触れるととても癒されます。私の印象なのですが自然界の放つ色彩はトゲトゲしさがなく柔らかさがあるので人のココロに響くのだと思います。表情の違った木と貝を、絶妙なバランスで構成したこの作品は、ボタンという小さいキャンバスの中で、とても強く主張するオーラを放っていました。素材の選択とバランス感覚にセンスを感じ、高く評価致しました。

株式会社 尾原デザインスタジオ 尾原 久永

大賞受賞コメント 御田釦販売株式会社 デザインチーム責任者 御田繁二郎

御田釦販売株式会社

この度は、名誉ある日本ボタン大賞を受賞することができ大変感謝しております。まさか大賞を受賞できるとは思ってもいなかったので、とても驚いています。

我々の作ったものが最高の釦というわけではないとは思いますが、細かい 貝の象嵌細工を施した、グラマーでエレガントなデザインが審査員の皆 様の目を惹いたということではないかと思います。

ただ、このボタンの作成は容易ではありませんでした。小さくて壊れや すいパーツが多く、それをきっちり並べていかなければいけなかったの ですが、貝のパーツは薄くて、あまり力を入れると簡単に壊れてしまい、何度もやり直さなければいけませんでした。

この由緒ある釦大賞の受賞者リストに我々の名前を連ねることができ、 とても光栄に思います。本当にありがとうございました。
(表彰受賞写真は、御田釦販売株式会社 社長 御田 慶太郎氏)

審査委員

右から:経済産業省 製造産業局 生活製品課 企画官 中内 重則様 / 審査委員長 田中 智之氏 / 審査委員 田島 等氏 / 審査委員 尾原 久永氏 / 審査委員 早川 雅明氏 / 日本釦服飾手芸卸協同組合連合会 会長 片山 照敏氏

主催者

左から:一般社団法人日本釦協会 理事長 大隅 洋 / 一般社団法人日本釦協会 副理事長 堤 嘉章 / 一般社団法人日本釦協会 副理事長 杉若 直樹 / 一般社団法人日本釦協会 専務理事 吉村 元嗣 / 一般社団法人日本釦協会 相談役理事 斧原 秀夫

Top