大阪釦服飾手芸卸協同組合

大阪釦服飾手芸卸協同組合とは

大阪釦服飾手芸卸協同組合は、大阪府下を中心とする釦(ボタン)、服飾付属品、裁縫手芸材料の卸売を主とする業者で構成している組合で、昭和22年7月に創立されました。創立69年目を迎え、平成28年4月1日現在、組合員47名、材料供給メーカーで構成する賛助会員は52名を数えます。

組合の目的

定款に「組合員の相互扶助の精神に基き、組合員のために必要な協同事業を行ない、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、経済的地位の向上を図ることを目的とする」と定めています。

主な事業活動

西日本最大の手づくりイベント「OSAKA手づくりフェア」を毎年開催。
毎年春と秋にファッションセミナーを開催、海外のファッション情報をいち早く研修する教育事業を推進。
組合員の経済的生活の安定のため共済年金事業を推進。
組合員の福利厚生事業(ボーリング大会・ゴルフ大会)

OSAKA手づくりフェア

昭和57年9月、第1回の「大阪手づくり 手芸フェスティバル」を大阪府立体育館で開催し、その後第4回・第5回の大阪城ホールを経て、昭和62年、第6回よりマイドームおおさかに会場を移し、また平成6年、第13回より「OSAKA手づくりフェア」と名称を改め、今年は第35回を迎えます。

毎年3万人前後のお客様にご来場いただけるほどの人気を博するフェアに育ってまいりました。新商品を展示PRするだけでなく、各ブースでの実演・講習や毎年魅力あるイベントを開催し、ご来場者に手づくりの世界を知り、幅広いジャンルの手づくりの楽しさを体験していただいています。

組合の組織

理事長 松井 誠司
副理事長 清川 要助
稲垣 利典
島田 昌建
専務理事 粟田 芙仁雄
増見 武史
吉村 周平
相談役理事 斧原 秀夫
理事 吉井 俊介
遠藤 裕昭
井上 次朗
細見 保之
城下 博行
森 勝久
浅田 祥三
松本 仁孝
澤田 秀春
青木 喜延
清水 宏一
池田 直隆
斑目 寿明
室谷 勝弘
河口 玄太郎
監事 松本 貴史
森澤 章雄
渡辺 直規
顧問 島田 庸宏
名誉顧問 左藤 章
梅本 憲史

※PDF版をご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

お問い合わせ先

大阪釦服飾手芸卸協同組合

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町2丁目1番2号 竹田ビル5F 511号
TEL(06)6262-4827  FAX(06)6266-0334
E-mail:webmaster@osaka-tedukuri.com

服飾資材業界標準EDI

http://osaka-tedukuri.com/old/edi/index.html

Top